Vmax スタータークラッチの交換

知ったかぶらず、慎重にも慎重を重ねて・・・

Vmax スタータークラッチの整備

昨年(2012年)の途中くらいから
エンジンの始動時、タイミングによってはセルの駆動力が 滑る よーな感触アリ
しかもそれがきまってPBCを訪れた際の帰路で発生する確率高し (コレはホントに謎)
乗り手共々、見られてるコトにキンチョーでもしてるんだろーか?(笑)
始動時の条件としてはウチから出るタイミングと何ら違いはナイはずなんだけど・・・

とはいえ何時でも何処でも同様の症状が出るというワケでもなく
何ともないトキは至ってフツー・・・ しかしながら、完調じゃないのはマチガイないので
症状の軽いウチに対処すべきかなと

そんなこんなで Vmaxの鬼門 に挑んだワケですが
かなりのキンチョー状態で作業に集中していたせいか、肝心のSSTを使ってる写真がナイ・・・(涙)
そこをお詫びしつつ、準備期間数ヶ月、取り外し実時間2分半・・・の攻防を紹介してみます

はてさて、うまくいくのか・・・

ボルトの取り外し

オイルを抜いた後、カバー類を撤去するとマグネットローターが現れますね
で、まずは先端のボルトを外すワケですが、ココでは付け根で32mmのメガネレンチ(回り止めとして)
ボルト側で19mmのメガネレンチ(ロングタイプ)で挑み、それなりのチカラを要しましたが撤去完了
外したボルトを見ると(右写真)先端には写真のよーなパーツが挿さってました
ボルトの回り止めなのかなぁ・・・

コレでいよいよプーラーによるローターの取り外しとなるワケですが
ココから外すまでの写真が見事にナイ!(号泣)
幸い、web上には諸センパイの記事がたくさんあるんでそちらを参考にしていただいて
我がページではプーラーの観察と下準備のオハナシをしてみます

プーラー

不慣れな作業ではなるたけ不安要素を取り除いておきたいんで
ココは奮発して指定の純正工具を導入(プーラーアセンブリ 90890-01362 )
右写真の黒いのがクランクシャフト先端とプーラーの間に入るアダプターで
プーラーとは別品番っすね( ボルト ソケット 91317-08014)

アダプターのカンケー性

特に取扱説明書があるワケでもナイので、おのおのの関係性を見ながら使い方を想像
おそらくは右写真のよーな向きで使うのが正しいのかなと
中央の凹凸で一応センターは決まるんだけど、カチっとハマるほどの精度ではナイかな

ボルト追加

セットには数枚のワッシャとM8の六角ボルトが3種各3本付属してくるんだけど(全てステンレス)
コレでVmax専用というよりは Vmaxにも 使える工具っていうのは想像つくかと
ボルト長は60・80・150mmなんだけどね、Vmax的にはどれも帯に短しタスキに長し状態でして・・・
ワッシャを一枚使うパターンなら、長さは85mmじゃないとダメっぽいのだ
だもんで、100mmのボルトをカットして90mm長のを用意(右写真)

下準備

90mmとしたのは、左写真のよーに幅広ワッシャーを割り込ませたかったからで
少しでもボルト頭にかかるチカラを分散させたかったのと
プーラーを水平に取り付けるにあたり、少しでも傾いでると
幅広ワッシャーだと座面の浮きが大きくなる分把握しやすいんで
水平ガイドとしても有効と考えたのだな
言うに及ばす、全てのネジ山にはモリブデングリスを塗布済(右写真)
目的はネジ山の保護と回したトキの ムニっと 感(笑)

使用する工具

中央ボルトを回すには、2箇所とも22mmの何がしが必要で
当方はプーラーの回り抑えにガタの少ないモンキーレンチを使いましたが
本来なら22mmのオープンエンドレンチを使うべきだね
軸側は1/2sqの6ポイントのコマにラチェットハンドルといった構成
プーラー側の穴に何らかのシャフトを通して回してもいーね

いざっ!

写真がナイことが悔やまれてなりませんが・・・
プーラー側の下準備を済ませ、水平を守りつつ車体に接続し
勘合部をヒートガンで温め、潤滑剤を吹いたトコロで一呼吸・・・
ありとあらゆるモノを味方とするため?
BGMは最近再び聴き込んでる BARK AT THE MOON で (笑)
オジーはさておき、この時代のギタリスト ジェイク E リー が大好きなのだ
だもんで、1コーラス目で神経を集中させ
ギターソロの始まりと共に工具に手をかけ
一発目のチョーキングに合わせて・・・ ぬ゛あ゛~!!! と、フルパワー

トキは深夜・・・ リキんだ瞬間にゼッタイ声が出ると思ったんで
クチにはあらかじめ布を詰め込み、ミュートはカンペキ(笑)
この状況 月に吠える と、言えなくもない(違)

ハナシを戻して・・・
このプーラー、結局新たにボルトを用意したり何だりを思うと
似たような安価モノでも勝負できるのカモ
但し、カンタンにひしゃげちゃうよーなヤツはNGだね コイツの円盤部?は厚み15mm
このくらい丈夫じゃないとダメだろーなぁ
で、アダプターのみ純正品を使えば安価に 似たような 構成になるのではナイかと
まぁ 状況によってはネジ山が飛ぶ等々の不安はあるんだけども
それは多分、純正モノもしかり かなぁ・・・

何はともあれ外れてヨカッタ

Vmax 外したスタータークラッチ

どーにかクランクシャフトを叩くことなく外せたマグネットローター (ラッキーでした)
コイツをひっくり返すと(上写真)肝心のスタータークラッチが現れるワケですが
ご覧のとーり、一見何事も起きてない雰囲気・・・
アレ?先走ったかなぁ・・・とか思いつつ、ネジ頭を触ってみると
全てのネジ頭が キモチ 動くぞ・・・
回り止めで打たれてたポンチ箇所の抵抗により、かろうじて留まっていたって感じで
今シーズンこのまま乗り続けていたら、まぁまぁのオオゴトになってただろーなぁと想像しますが(怖)
もし始動時に違和感を感じ始めたら、早めに対処した方がいーね

何はともあれ、無事外れたからには早速患部の具合を確認してみます!

Vmax スタータークラッチ ボルト

まずは先述したボルト 左写真の左側が旧ボルトで右が新規ボルト(新しいヤツは黒いね)
頭頂部だけを見るとあまりヤレた感じはありませんが
側面を見ると(右写真)緩んだコトでスタータークラッチが遊び出し
ネジ頭を叩いた結果頭が少し磨り減ってますね
また、付け根のネジ山も3山ほど消失しかけている状態で
コレが進行して最終的にはボルト頭が飛んだり、スタータークラッチのハウジングを割ったりするんだろーね

Vmax スタータークラッチ 本体

でもってスタータークラッチ本体 コチラは若干の擦り傷こそあるけど大きなダメージなし
中に収まるプッシュロッド(右写真)には線状痕アリだね

Vmax スタータークラッチ ワッシャ

マグネットローターとスタータークラッチの間に収まるワッシャ
何らかのコーティングがされてるっぽいんだけど、それなりに磨り減ってますね
アイドラーギアの鼻先が触れる部分だね

Vmax スタータークラッチ アイドラーギア

でもってアイドラーギア コイツの軸がスタータークラッチに触る部分ですが
新品のツルっとした状態(左写真)に対して、見事に打痕だらけ(右写真)の状態・・・
触れてもハッキリと凹凸を確認できるくらいのダメージなんで
この凹凸とスタータークラッチの位置関係が良くない状態で始動させようとすると
回しそびれて滑った感じになってたんだろーなと
また、スタータークラッチ自体がネジの緩みで若干動くため
始動時の負荷が衝撃として軸を叩くカッコウになり、悪循環が加速を増していくんだろうねぇ

Vmax スタータークラッチ マグネットローター

そんなスタータークラッチの ガタ による弊害はマグネットローター側にも及んでいて
丸玉が収まるクラッチ本体のエッジ部分が、左写真の赤丸内のよーな打痕を付けてたようです
場所によっては0.2mmくらいくぼんでるんで、それなりに暴れていたと想像します
でもってマグネットローターのお手入れ
パッと見た感じはキレイなんだけど、ウェスをサラっと当てると積年のスラッジが全体に・・・(右写真)
何はなくともソージソージ

Vmax スタータークラッチ シャフト溝

全体をキレイにしたトコロでしげしげと観察してみると
クランクシャフトが通る穴にあるキー溝がミョーに真っ黒(左写真)
だもんで、細めのマイナスドライバーで引っかいてみると右写真のとーりで・・・
98年モデルって何となく新しいと思ってたんだけど
既に15年も前なのよね・・・ そんなコトを改めて実感するスラッジなのだった

Vmax セルモーター分解

少々長くなってきましたが・・・
せっかくスタータークラッチをリフレッシュするからには
セルモーターの軸も若返らせたいトコロ 3号車となるコイツはまだ一度もバラしてなかったしね
毎度ながら、補器類が装着された状態からのセルモーター撤去のメンドくささには閉口しますが
クーラントを抜き、隣接するパイプやマウント部分の接合を解除
向かって右側のエキパイや純正ホーンもジャマなんで撤去
で、よーやくセルモーターを取り外し、早速バラして軸部(アーマチュア)の確認 (右写真)
1号車でバラしたトキほど深刻(激暑時、回りにくくなる)な汚れではナイものの
十分要清掃な状態ではありますね

Vmax セルモーター点検

サンドペーパーで汚れを除去し(溝に残ったスラッジも忘れずに!)使用磨耗限度を超えてないかチェック
どちらもまだ十分に再使用OKでしたね

Vmax セルモーター 塗装

普段あまり目に入らないトコに収まってるだけに、見てくれがまぁまぁくたびれ気味
だもんで、凹凸を削り慣らしてから錆止め剤を吹き、激安ホームセンタースプレーでブラックアウト
その後、キモチ高級品なつや消しクリアで肌を整え、各部のラバーパーツを新品交換の後
晴れてセルモーターのリフレッシュ完了!

Vmax スタータークラッチ 組み立て

でもってスタータークラッチの組み立て
左写真は先述したワッシャの収まり場所ね 個人的な備忘録っす
どーか緩みませんよーに!と願いつつ、ネジロックを塗布してから規定トルクで締め付け

スタータークラッチ組み立て2

仕上げにネジ先とマグネットローターにかかるよーにポンチを打って回り止め(左写真)
2箇所でヤレばヨカッタと気付いたのは、モロモロを組み付けオイルを入れた後でした・・・
ハナシを戻して
アトは車体にマグネットローターを組み戻すワケですが
クランクシャフトにある突起 ココはシャフトと一体ではなく別部品(ウッドラフキーっていうパーツね)っす
マグネットローターの取り外し時
ローターが外れたイキオイでこのウッドラフキーも外れちゃう場合があるらしいので
整備の際には要チェックっすね

組み立て完了

モロモロを組み付け、患部の整備は完了!あとはフタするだけだね

今回うまくいったのは、ホントにラッキーなだけだったと思います
モチロン、ラッキーを 引き寄せる 入念な下ごしらえをした上ではあるんだけども・・・
コンディションによって、プロ・アマ問わずにホント苦労する作業ですもんね

クランクシャフトに触れる部位なんで
しかるべき道具や相応の経験もなく、なおかつ自信(可能性)が薄いのであれば
無理せずプロに依頼すべき整備箇所だと思う
工程の色んなポイントで、web上では伝えきれないコツや要領があると思うからです
外れないコトでついつい凶暴なツールで叩いたりしちゃうと
エンジンそのものにダメージを与えかねないしね

それにしても
外れる瞬間の ガッキン! って感触・・・ サイコーだったなぁ (笑)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional